カードローンについての支払い内容というものは企業によって随分へだたりがあって様々な方法がとられています。一般的にはスライド方法やリボ払い方法などが多く採用されているようです。またかかる誰しも知ってるリボですけれども本当を言えば勘定手法には多様な種類があったりするのです。またさような種類によっては引き落し合計金額が変わってしまうわけですから、知っていて負担はないでしょう。しからばやさしくこの2つの様式の相違に関してを解説しましょう。ひとつは元金均等払いで、次は元利均等払いです。それぞれそう呼ばれているように、元金についてを一様にして払っていくのと、元金と金利についてを一緒にして一様に返済していく方法です。このケースではもしや10万円借金したとして、実際どんなような勘定をするかやってみます。利分は両方とも15%とし考えます。またリボ払に関する金額は1万円と仮定し計算します。とにかく元金均等払いのほうからいきましょう。斯様な事例のはじめの返済については1万円に対して利率分の1250円を加算した額となります。次の返済に関しては1万円に利率1125円を加えた金額へとなります。かくして全10回にて支払いをお終いにするといった形式です。一方で元利均等払いというのは最初の返済は1万円ですが元金に8750円利子へ1250円といった感じで割り振るのです。次回の返済については元本が8750円に減った状態で利息を計算して1万円から再度分配します。別言すれば、元利均等払いのケースでは10回で返済が完了しない算定になってしまいます。たったこれだけのずれで双方がどのくらい違っているのかがたっぷりとわかったことでしょう。元利均等は元金均等と比較して明らかに元が減少するのが遅くなっているという不具合というものがあります。すなわち利率というものを余分に払うという状況になるわけです。一方では、1度目の支払が小さな額で済んだというような利点というものもあったりします。こうした支払い手法に関する差異に応じて、支払総額というのは変わってきますので自身の好みに合致する方法を取るようにしましょう。