金融機関のカードを持っているのですが金利が高額のようだと思っていて、カード会社へと照会してみたのですがこちらは無担保だからこの利率なのですと告げられてしまったのです。担保のないキャッシングカードとはいかなることなんですか。こうした質問にご回答したいと思います。担保というものが存するとはどういう状態に関することを指すのでしょうか。借入などの場合利用目的といったようなものが自由になっている借り入れなどで担保契約されてない事例が殆んどであり、そういった事を無担保借入というように呼びます。あべこべに自動車ローン等というようなものは購買するものというのが決まっておりますから、買ったものに対して担保を設定していきます。これが有担保キャッシングサービスなどと呼ばれているのです。有担保融資に関しての強みは担保が存在する分の利率が低い水準にされているというところなのです。じゃあカードローンに担保というようなものを設定しておくことで、利率を低い金利にする方が得だと勘案するかもしれないのですけれども万が一支払不可になってきた場合は担保対象を差し押さえられるといったことになってしまいますから、そのような無為なことをしたいといった人はいるわけがありあません。担保などを設定できるキャッシングといったようなものも有りますけれども、せっかく自分の信頼のみで使えてしまうわけですから、少しの利息に対する差額くらい我慢するというのが普通なんです。あと給与生活者のような、所得が安定の方は信用性というものも大きく、わざわざ担保などを差し入れなくてもキャッシングカードを発行する事といったようなものが出来ますが、個人事業者の場合ですと収入というものが一定してないという理由で、担保の差出などを要求される場合が有ります。カード会社といったものは貸したというだけでは売り上げが上がらないのです。回収して売り上げを上げられるので、もっともな要請だったりします。だから無担保で借入できる信頼が有ることは相当大きな値打ちというのがあったりします。