自動車を運転している際に、「愛車を使用したままで直ぐ融資可」といった掲示板や広告が目に付くことも多いかもしれません。これらの広告は、自動車を担保として融資する広告であることが多いようです。車担保融資と言われている言葉は、知っていたとしても、実際にどんなローンキャッシングの方法なのかあまり知らない人も少なからずいると思います。車担保融資とは、それだけ世の中に浸透していないキャッシング方法ともいえると思います。車担保融資では、車を返済に行き詰った際の保険にすることで、クルマの査定を行い、その価格の査定枠の中でローンキャッシングを行うようです。車買取専門業者での査定と同じように、距離を走っている車や改造車であったりすると、査定額が安くなってしまうことがありますので自動車を担保として融資を受ける時には覚えているといいかもしれません。車担保融資は、「車」という目の前に存在するするものを保障として抑える方法ですので、貸金業者などでキャッシングができなくなった人でも直ぐに査定上限内でのローンを行えるようです。そのうえ、銀行や貸金業者でのローンには多様な手続きの流れや厳しい審査などがありますが、自動車という自分が持つ価値のあるものを利用して行うローンですから、そういうものが必要としないこともあるはずです。この頃では、愛車を担保としてキャッシングを受けても、担保にしている車を今まで通り保持することが出来る車を利用した担保融資も増えてきていると思います。しかし、ローン方法のデメリットとしては、自動車の査定額にキャッシングの金額次第ですので、乗っているクルマによって、自分が望む価額のキャッシングを受けられないということも多いと聞きます。愛車を返済ができなくなった際の保障にしますから、万が一返済が遅れてしまった場合は、すぐさま車を引き渡さなければならないなどの、弱みといえるかもしれません。車が生活の必要アイテムである世帯では、自動車を、返済ができなくなった際の保障とする融資の方法は、かなり危険性が多いといえるはずです。